【Kuo】2020年版のiPhoneはデザインの刷新、5G対応、カメラの改良などが行われるとの予想

Iphone 11

信頼性の高いApple関連製品のアナリストMing-Chi Kuo氏があらたな調査レポートを公開し、2020年に発売されるiPhoneはデザインが刷新されるなどと予想していることが分かりました(9to5Mac)。

同氏のレポートによると、2020年のiPhoneラインナップの最大のセールスポイントは、フォームファクタの刷新、5Gのサポート、カメラ機能のアップグレードの3点になるとのことです。

AppleはiPhone XやXSとほぼ同じデザインをiPhone 11でも採用すると見込まれており、2020年のデザインの刷新は時期的にもありうる話かもしれません。

同氏はまたiPhone 11が、新しいアンテナデザインの採用によってウルトラワイドバンド技術(UWB)をサポートし、近距離無線技術を活用した新しいiBeaconによって屋内ナビゲーションを改善できるとしています。またAppleが開発中とみられる「UWBタグ」がBluetoothベースのiBeaconと連携して機能し、屋内マッピングに「革新的なユーザーエクスペリエンス」を提供すると予想しています。

スポンサーリンク