Kuo氏、2018年から2019年の新型iPhoneや低価格版MacBook Air、Face ID iPadに関する予想を発表

Mac iphone ipad 2018 trio 800x310

TF International Securitiesの著名なアナリストMing-Chi Kuo氏が、2018年から2019年に発売されるとされるApple製品に関する新たな調査レポートを発表しています(MacRumors)。

レポートの重な内容は以下の通り:

  • 2019年に発売されるiPhoneは市場を革新する(ただし今年の9月か10月にならないとデザインや機能ははっきりとしない)。
  • 2019年に発売されるiPhoneでもLCDモデルがOLEDモデルの出荷数を上回る。トリプルレンズ搭載モデルが含まれればカメラ関連企業に大きな利益をもたらす。
  • 2018年に発売されるiPhoneは3種類: iPhone Xの後継機種と6.5インチのiPhone X Plus、6.1インチのLCD iPhone。
  • 2018年9月に3モデルとも発売され、LCD iPhoneの価格は600〜700ドルに。
  • 2018年後半にFace ID採用のiPadや、低価格MacBook Air、大型ディスプレイを採用したApple Watchが登場。

Ming-Chi Kuo氏の調査レポートは、主にサプライチェーンから取得した情報を元にした投資家向けのものとされています。今回のレポートは、あまり目新しい情報は含まれておらず、過去数ヶ月の間に公開された、これまでの予想情報をまとめたものとなっているようです。

スポンサーリンク