Appleのウィジェット審査基準がゆるまり、iOSアプリ「Launcher」が復活

NewImage

一度は審査基準に合わないとしてApple Storeから削除されていたiOS用アプリ「Launcher」が復活しました。現在App Storeから無料でダウンロードできます(MacRumorsAppleInsideriDownloadBlog)。

Launcher - 通知センターウィジェット搭載ランチャー App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料
通知センターに表示できるアプリケーションランチャーアプリ。

LauncherはもともとiOS 8リリース直後、iOS 8のウィジェット機能を使った新機軸のアプリとして脚光を浴びた人気アプリです。Appleがウィジェット機能の誤用とみなしてストアから削除したのですが、その後6ヶ月の間に状況は変わり、Appleがウィジェット審査基準をゆるめたことで、今回「Launcher」の再公開がなされようです。

Appleの審査基準が変わることでは珍しいことではありません。ウィジェット機能に関しても、PCalcの計算機ウィジェット機能を削除するよう要請してからやはり許可するという出来事がありました。開発者としては大変ですが、良いように考えれば柔軟性の現れといえるかもしれません。

通知画面から素早くアプリを起動できる「Launcher」を試してみたい方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク