新型Phoneはフロントカメラが12MPになってセルフィーが捗る

Iphone 11

Appleが今年の秋に発売する新型iPhoneでは背面カメラだけではなくフロントカメラも大幅に強化されることになるかもしれません。

Apple関連製品のアナリストMing-Chi Kuo氏が新たな調査レポートを公開し、2019年の秋に発売される新型iPhoneのフロントカメラの画素数が、現行の7MPから12MP(1200万画素)に大きく向上するなどと予想していることがわかりました(MacRumors)。

一方、背面カメラに関して以下のような予想が行われています。

  • 6.5インチと5.8インチのOLEDモデルがトリプルレンズに、6.1インチモデルがデュアルレンズにアップグレードする可能性あり。トリプルカメラシステムには、ソニーの12MP/1um CIS(CMOSイメージセンサー)を採用したス超広角カメラが追加される。
  • 新型の3つのiPhoneモデルすべてのフロントカメラが、12MP CIS + 5Pレンズにアップグレードされ(現行は7MP CIS + 4Pレンズ)。

Kuo氏によると超広角とフロントカメラは「ブラックレンズコーティング技術」によって、目立たないようにデザインされているとのこと。

スポンサーリンク