新型iPhone XRは6%バッテリーが大きくなりさらに史上最高の長時間駆動を実現か

Iphonexr two lenses and new colors modified

現行のiPhone XRがiPhoneの中でも最も長いバッテリー駆動時間を実現している中、今年発売されるiPhone XRの後継機種は、さらにバッテリー駆動時間が長くなる可能性があることがわかりました(MacRumors)。

韓国のWebサイトThe Elecは、2019年版のiPhone XRが3,110 mAhのバッテリーを搭載し、中国のATL(Ameperx Technology Limited)による生産がすでに始まっていると伝えています。

China's ATL (Ameperx Technology Limited) has kicked off mass production of batteries for the successor to Apple's iPhone XR forecast to be unveiled later this year, according to those close to the matter on June 9. Battery packaging will be done by another Chinese firm, Huapu Technology.

The new batteries will have a capacity of 3110mAh, which is more than a 5% improvement from the 2942mAh of the iPhone XR.

3,110 mAhという容量は現行のiPhone XRの2,942 mAhより5.7%ほど大きく、iPhone XS Maxの3,174 mAhより少しだけ小さい容量ということになります。

Apple製品のアナリスト Ming-Chi Kuo氏は、iPhone XS Maxの後継機種は10〜15%、iPhone XSの後継機種は20〜25%、iPhone XRの後継機種は0〜5%増加すると予想しており、今回の報道はこの予想とほぼ一致するものだということが分かります。

スポンサーリンク