2019年型iPhoneからは3D Touchが完全に削除される?

3d touch

Appleが2015年発売のiPhone 6sから導入した「3D Touch」が、2019年のiPhoneからは完全に削除されることになるかもしれません。BarclaysのアナリストBlayne Curtis氏は、アジアのサプライチェーンから入手した情報として、Apple製品に関するあらたなレポートを公開しています(MacRumors)。

3D Touchに言及した部分は以下の通り:です

Barclays says it's "widely understood" that 3D Touch will be removed from iPhones with OLED displays in 2019—aka the third-generation iPhone X and second-generation "iPhone X Plus." However, they caution that the plans aren't finalized yet, so they could change.

計画は確定されていないとしながらも、2019年に発売されるOLEDディスプレイを搭載したiPhone(第3世代のiPhone Xと第2世代のiPhone X Plus)から、3D Touchが削除されることは「広く理解されている」としています。

先日Apple製品の著名アナリストのMing-Chi Kuo氏は2018年に発売される6.1インチLCD iPhoneは3D Touchをサポートしない可能性があるとも主張しています。これらの予想が真実ならば2019年発売のiPhoneからは完全に3D Touchが削除されることになりそうです。

Appleが3D Touchを削除する理由は不明ですが、3D TouchがiPhoneに欠かせない本質的なものではなく、どのような機能が利用できるのか分かりづらいことが理由ではないかとMacRumorsは分析しています。

Barclaysのレポートではまた、「AirPod 2」が2019年の第4四半期に発売される予定で、オリジナルのAirPod用のオプションのワイヤレス充電ケース、AppleのAirPower充電マットが2018年9月に発売されるとしています。また安価なHomePodが2019年に発売されるとも予想しています。

スポンサーリンク