今年は時期が悪い?2020年にノッチ無しのiPhoneが登場するとの予想

Iphone x notch

今後2年間のうちに論争を呼んだiPhoneの「ノッチ」がなくなるかもしれません。

著名なApple製品のアナリストMing-Chi Kuo氏が、新たな調査レポートを公開し、2020年には少なくとも1つiPhoneに小型のフロントカメラレンズが採用され、ノッチが小さくなると予想していることがわかりました(MacRumors)。またこれとは別に、China Timesは投資会社Credit Suisseのアナリストからの情報として、Appleが2020年にノッチやFace IDの存在しないiPhoneモデルを1つ発表する予定だと伝えています。

後者の情報では、2021年には3つの新しいiPhoneがすべてノッチレスになり、ディスプレイに埋め込まれたフロントカメラとディスプレイによる指紋認証への移行が完了する模様。Appleはサードパーティに頼らず独自にディスプレイ埋め込み式の指紋認証技術を開発する可能性が高いとのことです。

スケジュールをまとめると以下のようになります。

  • 2019: 3種類のiPhoneはFace IDを採用。ノッチの変更はなし。
  • 2020: 2種類のiPhoneがFace IDとスリムなノッチを採用。あと一つはノッチがなくフルスクリーンのディスプレイ埋め込み型指紋認証を採用。
  • 2021: 3種類のiPhoneがディスプレイ埋め込み式の指紋認証を採用したノッチのないiPhoneに。

ディスプレイに切れ込みが入った「ノッチ」の存在は、2017年のiPhone Xで採用されていらいさまざまな批判を受けてきました。今回の情報がどの程度信頼できるものか現段階では不明ですが、周辺技術の成熟により2017年段階では実現できなかった真の全面ディスプレイがついに実現したとしても不思議はない状況のようです。

スポンサーリンク