【KGI】5.8インチのOLED iPhone 8のアクティブディスプレイエリアは5.1から5.2インチに

Iphone 8 concept video

来年発売されるiPhoneは、iPhone発売10周年を記念して大幅な刷新が噂され、名前もこれまでのネーミングルールから外れ、「iPhone 8」になるのではないかと予想されています。

このようななか、KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、来年発売されるiPhoneのラインナップに加えられるとみられている、OLED 5.8インチディスプレイ搭載モデルのアクティブディスプレイエリアが、5.1から5.2インチになるとする新しいレポートを公開していることがわかりました。

We predict OLED iPhone will be 5.1-5.2”, despite various market speculation. In terms of the display size of the OLED iPhone, current information from the upstream points to 5.8”, while that from the downstream points to 5”, which does not conflict, in our view. We predict OLED iPhone will adopt a 5.7-5.8” flexible OLED panel (with Samsung (KR) as the exclusive supplier). Nonetheless, for ‘specific design purposes’, the actual active area may be around 5.1-5.2”. Other than the OLED model, we expect Apple to launch new 4.7” and 5.5” TFT-LCD iPhone models

「アクティブディスプレイエリア」なる言葉の定義があいまいですが、おそらくユーザーがタッチ可能な領域が5.2インチ相当で、のこりがエッジに回り込む、いわゆる曲面ディスプレイになることを表しているのではないかと見られています(いわゆるエッジモデル?)。

Kuo氏はまた、iPhone 8 Plusでは広角側だけでなく望遠側にも光学式手ぶれ補正が搭載されるだろうとさまざまな予想を行っています。

スポンサーリンク