「OmniFocus 2.1 for iOS」リリース - ユニバーサルアプリ化されiPhone 6 Plusではサイドバーも

NewImage

OmniGroupの多機能TODOアプリ「OmniFocus」のiOS版の最新版、「OmniFocus 2.1 for iOS」が4月2日(現地時間)、リリースされています(公式ブログ)。今回のバージョンから、今までiPhone版、iPad版に分かれていたアプリが、ユニバーサルアプリとして統合されました。

OmniFocus 2 App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥4,800

これは、ここしばらく続いていたOmniGroupのiOS用アプリのユニバーサル化の流れにそったもので、同グループのアプリの中で、OmniFocus 2.1 for iOSが、最後にユニバーサル化されたアプリということになります。

このバージョンでiPhone版ユーザーが新たに使うことにできるようになる機能として、以下の機能が挙げられています。

  • サイドバー付きのランドスケープモード(iPhone 6 Plus)
  • レビューパースペクティブ
  • パースペクティブの作成(Pro)
  • パースペクティブをプロジェクト階層で表示

驚いたのは、iPhone 6 Plusだけ別扱いでサイドバーが表示されるようになったことでしょうか。今までiPhoneアプリ、iPadアプリという枠組みの中では、アプリは同じ表示になるのはあたりまえでしたが、iPhone 6 Plusの登場でこのルールが変わっていくのかもしれません(iPhone 6ユーザーとしては…)。

既存ユーザーのアップグレードパスはかなり複雑になっていて、場合によっては10ドルのキャッシュバックを受けることも可能な様子。この辺は状況が整理できたら別にまとめるかもしれません。

スポンサーリンク