超極細ベゼルでさらにスタイリッシュになった「iPhone 7」コンセプト

IPhoneStacked

これまでにない大画面を搭載した「iPhone 6/6 Plus」が好調な売れ行きを見せるなか、来年発売される(今年はiPhone 6sなので)「iPhone 7」がどのようなスペックになるのか、早くも考え始めている人もいます。

オランダーのデザイナーYasser Farahi氏もその一人。超極薄ベゼルによるクールな「iPhone 7」コンセプトイメージを提唱しています(Redmond Pie)。

Dラインなし/カメラの出っ張りなし

SpaceiPhone

このコンセプトイメージの特徴は、ベゼルの他に、背面のアンテナ用のDラインが削除されスッキリしたこと。評判の悪いカメラリングも取り払われています。

ワイヤレスチャージ

Wirelesscharger

充電方法はワイヤレス形式に。そろそろ使ってみたいという方もいるかも。

RAMは5GB!

Specs

外観だけではなく、スペックも想定されていて、重量は114g、4.7インチディスプレイを搭載し、解像度は1920x1080ピクセルの401ppi。ストレージは32GB / 64GB / 128GBで、RAMは5GB搭載となっています。

現行のiPhone 6/6 Plusは1GB、iPad Air 2は2GBなので、iPhone 7でここまで増量されるとは実際は考えづらいのですが、もし実現すれば「メモリ不足でアプリが落ちる」ことは無くなりそうですね。

元のサイトには他にもたくさんの画像が掲載されています。気になった方は確認してみてください。

スポンサーリンク