iPhone単体で擬似3Dな写真を撮影することができるアプリ「Seene」がスゴイ

Seene co 1

iPhone単体で3Dっぽい写真を撮影して共有することができるアプリケーション「Seene」が公開されています。
Seene App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料

iPhoneのカメラで立体を認識させ、上下左右にゆっくり動かすだけで、3Dっぽい写真を撮影することができます。完全な3Dではありませんが、上下左右にちょっとずつ動かしてみることができるので面白いです。

撮影してみた

アプリをダウンロードし、アカウントを作れば撮影可能になります。ためしにデジカメを撮影してみました。

IMG 1852

画面に写っている緑の点がある程度増えれば認識されていることになります。

IMG 1853

手がぶれぶれだとエラーになります。

IMG 1854

認識に成功したら、画面に表示されている上下左右のアイコンをタッチしその方向にカメラをゆっくり動かしていきます。全部できれば完成。撮影した画像は共有することができます(非共有設定も可能)。

完成した画像をプレビューするとき、iPhoneの傾きと連動して画像の角度が変わるのもリアルです。

まとめ

SNS機能ありきのアプリみたいなので、撮影するのにわざわざアカウントが必要になるのがめんどくさいかしれません。3D版Instagramとして人気がでてくるのかどうか今後に注目ですね。

スポンサーリンク