Apple、良かれと思って実装した「iOS 9 Wi-Fiアシスト機能」で集団訴訟に直面

Wifi

Appleが、iOS 9で導入した「Wi-Fiアシスト」機能に関する集団訴訟に直面していることがわかりました(AppleInsider9to5Mac)。

原告のWilliam Scott Phillips、Suzanne Schmidt Phillips氏の主張は、Appleが、Wi-Fiアシストの機能をユーザーに正しく説明・あるいは警告しなかったせいで、不要なモバイルデータ通信が発生し、5百万ドル以上の損害が発生したというもの。AppleのWi-Fiアシストに関する説明も遅すぎたと主張しているようです。

Wi-Fiアシスト機能は、iOS 9で新しく追加された、Wi-Fi信号が弱い状況で自動的にモバイルデータ通信に切り替わる機能です。通信の安定性を向上させることができる機能ですが、状況によってはモバイルデータ通信量が増えてしまう危険性も指摘されています(Engadget日本版)。

訴訟の行方はともかく、iOS 9ユーザーの方は、念のためWi-Fiアシストの設定をもう一度確認しておいたほうが良いのかもしれません(設定 > モバイルデータ通信で一番下にスクロール > Wi-Fiアシスト)。

スポンサーリンク