ワイヤレス充電アクセサリは「iPhone 8」の発売には間に合わず?

Qi charging

Appleは今年発売が期待される「iPhone 8」と「iPhone 7s」シリーズで、コネクタを接続しなくても充電できるワイヤレス充電機能を導入するとみられています。

ところがApple関連の著名なブロガーJohn Gruber氏が、このアクセサリが単体で販売される可能性が有り、新型iPhone発売後もしばらく待たなければ入手できない可能性があると発言していることが判明しました(MacRumors9to5Mac)。

昨年のiPhone 7 Plusのポートレートモードの導入が遅れたように、iOS 11.1まで待つ必要があるかもしれないと述べています。

ただしJohn Gruber氏も、"might"と述べているように確定情報ではなく、ワイヤレス充電アクセサリーが本体に同梱されるのか、単体で販売されるのかどうかもまだ定かではありません。

以前iPhone 8やiPhone 7s/7s Plusでは、遠隔ワイヤレス充電機能が導入されるとの噂が流れていましたが、技術的な困難さから、ここ最近は、Apple Watch式の電磁誘導式のワイヤレス充電が採用されるとの見方が有力です。

ガラス筐体はデザインだけではなく、ワイヤレス充電のための布石ではないかとみられているなか、肝心の充電アクセサリが遅れるというのは気になる情報かもしれません。ただしQiなどの標準規格を採用した場合、それらの充電器を利用した充電が可能になる可能性もあるようです。

スポンサーリンク