iPhone 7のLightningヘッドフォンジャックアダプタには驚くほど大量の回路が存在

Adapter1

iPhone 7では伝統の3.5mmヘッドフォンジャックが廃止され、従来のヘッドフォンを接続する場合「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を使用して接続する必要があります。サイズも小さく価格も900円とそれほど高くない部品ですが、内部的にはかなり大量の電子回路がつめこまれている事が、X線写真による撮影により判明しました(AppleInsider)。

X線写真は分解のエキスパートiFixitとそのパートナー Creative Electronによって撮影されたもの。特にLightningコネクター側に謎の回路が存在しているようで、"338S00140 A0SM1624 TW."というAppleの部品番号が刻印されている事が確認されています。

部品の役割は正確には判別されていませんが、iFixitはデジタル信号をアナログ信号に変換するDAC、信号を増幅するアンプ、アナログ信号をデジタル信号に変換するADCの機能を併せ持つ回路ではないかと推測しているようです。

これはiPhone 7のLightning端子から出てくるデジタル信号を人間の耳で聞こえるようにアナログ信号に変換する必要があるのはもちろん、EarPodsから入力されたアナログ信号をデジタル信号に変換スル必要もあるからです。

Adapter2

ただしiPhone 7/7 Plus内部にはスピーカーやマイクの音声を処理するために、DAC/ADCが存在しています。

スポンサーリンク