Apple、16インチMacBook Proのポップノイズをソフトウェアアップデートで修正へ

Apple 16 inch MacBook Pro 111319 big jpg large 800x578

Appleが先日発売を開始した16インチMacBook Proでは、動画再生中などに意図しないポップノイズが発生する不具合が報告されています。

不具合を再現する動画がYouTubeにも公開されて対応が注目されているなか、Appleはこの問題をソフトウェアアップデートで修正する計画を立てていることが分かりました(MacRumors)。

Apple認定サービスプロバイダーに対し以下のような文章が共有されているそうです。

If a customer hears a popping sound when playback is stopped on their MacBook Pro (16-inch, 2019)

When using Final Cut Pro X, Logic Pro X, QuickTime Player, Music, Movies, or other applications to play audio, users may hear a pop come from the speakers after playback has ended. Apple is investigating the issue. A fix is planned in future software updates. Do not set up service, or replace the user's computer, as this is a software-related issue.

Final Cut Pro X、Logic Pro X、QuickTime Player、Music、Movies、その他のアプリケーションを使用してオーディオを再生している場合に、スピーカーからポップ音が聞こえる場合があり、これは将来のソフトウェアアップデートで修正される予定とのこと。

ソフトウェア関連の問題であるため、コンピューターを交換しないよう警告されています。

なお不具合の修正時期は不明で、Appleが本日公開した、macOS Catalina 10.15.2 beta 4で問題が修正されているかどうかも判明していません。

スポンサーリンク