【悲報】Apple、2015年型「MacBook Pro/Air」で、Boot CampのWindows 7サポートを中止

Hero bootcamp

Appleが、2015年に発売された最新の「MacBook Pro/Air」のBoot Campで、「Windows 7」のサポートを中止していることが、サポート情報「System requirements to install Windows on your Mac via Boot Camp
」から判明しました(9to5MacMacRumorsAppleInsider)。

以下のように、BCA(Boot Camp Assistant)を利用した、Boot Camp用ドライバーの入手が、Windows 8 64 bit版に限定されていることが分かります。

System requirements to install Windows on your Mac via Boot Camp Apple Support System requirements to install Windows on your Mac via Boot Camp Apple Support

未だWindows 7のシェアが圧倒的ななかでの決定ですが、すでに現行の最新安定版Windowsは、Windows 8.1であり、今年はWindows 10の発表までもが控えているので、この決定も致し方なしかもしれません。

もちろん、VMware FusionやParallelsでは依然としてWindows 7が使用可能です。Windowsをネイティブ動作させるほどのパフォーマンスが必要ない場合、仮想マシンを検討してみるのも良いと思います。

スポンサーリンク