2020年モデルのMacBook Air/ProでUSB2.0アクセサリが使用できなくなる不具合が発生

13inchmacbookpro20203

2020年モデルのMacBook Air/MacBook Proユーザーの一部が、アダプタやハブ経由で接続したUSB 2.0アクセサリが使用できなくなるという不具合を報告している事がわかりました(MacRumors)。

具体的な症状はMacRumors ForumsRedditApple Communityで多数報告されており、不具合が発生すると接続したデバイスがランダムに接続できなくなったり、フリーズしたりという問題が発生するそうです。

どのアクセサリが影響を受けるか、または問題がいつ発生するかについて明確なパターンはなく、マウス、キーボード、その他デバイス等、USB-Aで接続したあらゆる種類のデバイスで不具合が発生しています。特定のハブが原因でもないそうですが、ほとんどの問題は、USB 3.0/3.1対応デバイスではなくUSB 2.0デバイスで発生しているとのことです。

SMCのリセット、セーフモード、ディスクユーティリティの修復、別のユーザーによるログイン、OSの再インストールなど定番の方法では問題を修正することはできませんが、とあるRedditのユーザーは、高価なCalDigit Thunderboltハブを使用することによって問題が解決したと指摘しています。

Apple has a USB 2.0 issue with either the chipset they are using, or a Catalina bug regarding the handling and refreshing of USB 2.0 devices.

However this can be worked around.

USB-C hubs vary in their functionality and there are two types:

1. USB hubs that are transparent proxies
- The Anker, Satechi and StarTech hubs
2. USB hubs that are terminating proxies
- The CalDigit hub and anonymous person on the internet and their monitor hub

Transparent proxies take the USB 2.0 input and present it as USB 2.0 to the MacBook Pro . The Mac or Catalina then will do something wrong and the USB 2.0 devices will freeze / become unresponsive at some point (minutes or hours after being attached).

Terminating proxies take the USB 2.0 input, terminate it, and present it as a fresh input that is USB 3.0 to the MacBook Pro . Everything is good in this scenario.

今後Appleのなんらかの対処が求められることになりそうです。

スポンサーリンク