Apple、開発者に対し2018年1月から始まるMacアプリの64bit必須化を案内

Pexels photo 374074

Appleは12月1日(米国時間)、2018年1月以降にMac App Storeに新規登録するMacアプリでは、64bitサポートが必須となることを案内しています(9to5Mac)。

これに続き2018年6月からは、更新するアプリや既存アプリでも64bitサポートが必須となります。またMac App Store外で配布されているアプリに関しても早めに64bitサポートを行うよう推奨されています。

As a reminder, new apps submitted to the Mac App Store must support 64-bit starting January 2018, and Mac app updates and existing apps must support 64-bit starting June 2018. If you distribute your apps outside the Mac App Store, we highly recommend distributing 64-bit binaries to make sure your users can continue to run your apps on future versions of macOS. The last macOS release to support 32-bit apps without compromise is macOS High Sierra.

iOS 11では一足早く32bitアプリのサポートが打ち切られました。macOSではmacOS High Sierraが32bitアプリを「妥協なく」実行できる最後のOSとなります。AppleはWWDCでmacOS High Sierraの後のmacOSで、32bitアプリを実行する際、警告を表示すると発表しました。iOSのように警告表示のあと、32bitアプリの完全サポート終了が行われることになりそうです。

スポンサーリンク