A12Z搭載のMac miniはジーニアスバーで修理できず

S 20200625 120011

Appleは、今年後半からMacのプロセッサを独自の「Apple Silicon」に切り替える予定です。開発者に対しては新しいアーキテクチャに対応するための開発資材として、A12Zチップと16GBのRAMを搭載した改造版のMac miniをレンタルするプログラムを開始していますが、このMac miniが通常のルートでは修理できないことに注意が必要かもしれません(MacRumors)。

MacRumorsが入手した内部メモによると、Developer Transition Kitとして提供されたMac miniは、故障した場合にジーニアスバーやサービスプロバイダでは修理することができず、Appleサポートに連絡し交換する必要があるとのことです。

なお、A12Z搭載のMac miniは厳格なルールが適用されていて、マシンを分解したり、ベンチマークプログラムを実行したり、SNSなどで情報を共有することが禁止されています。Universal App Quick Start Programの加入料金は500ドルで、Mac miniは期間終了後に返却する必要があります。

スポンサーリンク