【Tips】意外と知らない「Alfred」を使って超高速ファイル検索を行う方法

2015 03 06 17 49 54

Mac用多機能ランチャーとして人気のアプリ「Alfred」。ただ単にアプリを起動できるだけではなく、他にもいろいろと便利な機能が満載されています。

中でも最近個人的に気に入っているのが、Macの中にある様々なファイルを超高速に検索できる「File Search」機能です。普通に使っていると気付きにくい機能ですが(?)覚えておくとかなり便利な機能です。

使用方法

メインウィンドウを表示し、「スペース ファイル名」または「シングルクオート ファイル名」と入力します。すると通常は検索できない、テキストファイル等が検索結果に表示されます。

2015 03 06 17 58 53

ファイルを選択して右矢印を押すと、そのファイルに対する「アクション」を選ぶことができます。

2015 03 06 17 59 05

「Open with」を選ぶと、どのアプリで開くかを選択することもできます。

ファイル検索の設定

ファイル検索の設定は、「Preferences > Features > File Search」で行います。

2015 03 06 18 01 25

「Search」タブで「Enable Quick File Search mode」にチェックを入れておかないと、「スペース ファイル名」または「シングルクオート ファイル名」での検索は実行できません。この他、open、find、inといったキーワードを使って検索することもできます。

  • open ファイル名: スペース ファイル名と同じ処理。
  • find ファイル名: ファイルをFinderで表示。
  • in ファイル名: ファイルの中身で検索

ここでは検索結果から除外するファイルの設定や、検索結果の表示数を設定することもできます。

2015 03 06 18 01 28

また「Actions」タブで、「Sort actions by lasted per file type」にチェックを入れておくと、同じファイルの種類に対して、最後に使ったアクションを優先してくれるようになります。テキストファイルならば常にCotEditorで開きたい…といった場合はチェック入れておくと便利です(アクション/アプリの並び順が変わります)。

まとめ

Alfredのファイル検索機能を紹介しました。公式ドキュメントを参照すると、これ意外にも、まだたくさんの機能が存在していることが分かります。さらに使いこなしたい方は確認してみることをおすすめします。

スポンサーリンク