AnyBar - 使い方はあなた次第のOS X用メニューバーアプリ

AnyBar README md at master tonsky AnyBar

メニューバーにさまざまな色や形のドットを表示できるだけという、超シンプルなOS X用のメニューバーアプリ「AnyBar」が公開されています。オープンソースソフトなので自分でコンパイルすることもできますし、Releasesからバイナリをダウンロードすることもできます。

AnyBarの使用方法や目的は特に決まっておらず、ドットの色の意味や、色の変化が何を意味しているかは、自分で決めることができます。例えば、シェルスクリプトやプログラミング言語からお手軽に操作できる、インジケータとして使うのが良いかもしれません。

使用方法

AnyBar.appを起動し、コマンドラインからUDPポートを使って通信・操作できます。

echo -n "red" | nc -4u -w0 localhost 1738

するとドットの色が赤に変わります。echoの後ろの部分のパラメータとして以下の文字列を指定することができます。

  • black
  • blue
  • cyan
  • green
  • orange
  • purple
  • red
  • white
  • yellow
  • question
  • exclamation
  • quit(終了するスペシャルコマンド)

普通に起動するだけだとドットを1個しか表示できませんが、ポートを変更することで複数のドットを表示することもできます。

$ ANYBAR_PORT=1788 open -n /Applications/AnyBar.app
$ echo -n "blue" | nc -4u -w0 localhost 1788

ドットを追加してその色を青に変更してみました。

Monosnap 2015 03 05 01 04 25

実際の画面はこのようになります(メニューを表示しているのは赤ドット)。

まとめ

AnyBarは特に何のためという使用目的は決まっていないので、使い方は自分で見つけるしかありません。例えば、ビルドが成功したら緑ドット。ビルドが失敗したら赤ドットを表示するような使い方をすれば、開発用とでも使えそうです。可能性は無限大?

スポンサーリンク