Apple、「15インチMacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」を発表 - 防火安全上の問題に対応

S 20190621 90335

Appleは6月20日(現地時間)、バッテリーの過熱問題に対応するための「15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」を発表しました(MacRumors)。

一部の旧世代の15インチMacBook Proのバッテリーが過熱し、防火安全上の問題が発生する可能性があることが判明したためと理由が説明されています。

対象は主に2015年9月から2017年2月までの間に販売された15インチMacBook Proが対象で、プログラムの対象となるかどうかは製品のシリアル番号で確認することができます。

交換手続きはAppleの正規サービスプロバイダやApple Store直営店、配送修理などで可能です。詳細な手順は公式ページでご確認ください。

スポンサーリンク