Apple、MacBook Pro 2018のキーボードのシリコン膜がホコリ対策であることを認める

Ifixitbutterflykeyboardteardown

Appleが先日より販売を開始したMacBook Pro 2018では、静音性が向上した第3世代のバタフライキーボードが採用されています。iFixitの調査によりキートップの下が薄いシリコン膜で覆われている事が明らかになっている中、Appleの内部文書より、このシリコン膜がホコリ対策のために追加されたパーツであることが判明しました(MacRumors)。

内部文書はAppleが正規サービスプロバイダに配布したもので、MacBook Pro 2018のキーボードの"膜"が"バタフライメカニズムにホコリが入り込むのを防ぐ"ためであることを認めています。

まず最初にカナダまた欧州向けの「2018 MacBook Pro Service Readiness Guide」には以下のような記載があるとのことです。引用部分は以下の通りです。

Keyboard and Keycaps

The keyboard has a membrane under the keycaps to prevent debris from entering the butterfly mechanism. The procedure for the space bar replacement has also changed from the previous model. Repair documentation and service videos will be available when keycap parts begin shipping.

キーボードはキーキャップの下に膜を持ち、デブリがバタフライ機構に入るのを防止する。 スペースバーの交換手順も以前のモデルから変更されています。 キーキャップの部品が出荷されると、修理のドキュメントとサービスビデオが利用可能になります。

次に米国向けの同文書には"膜"に関する記述はないそうですが、別の"Butterfly Mechanism Keycap Replacement MacBook Pro (2018)" とタイトルがつけられたドキュメントに、以下のような情報が掲載されているそうです。

Caution: The keyboard has a membrane under the keycaps to prevent debris from entering the butterfly mechanism. Be careful not to tear the membrane. A torn membrane will result in a top case replacement.

注意:キーボードにはキーキャップの下に膜があり、バタフライ機構に異物が入らないようにしています。 膜を裂かないように注意してください。 破れた膜はトップケースの交換につながります。

どちらの文書でもキートップの下に存在する"膜"がホコリやゴミの侵入を防ぐためのものであることをはっきりと認めています。

Appleは正式には第3世代のキーボードでタイプ音が静かになった事しかアピールしていませんが、実際はMacBook 2015以降、MacBook Pro2016〜2017で採用された第2世代バタフライキーボードの弱点を意識し、改良していたことになります。

スポンサーリンク