Apple、Consumer ReportsのMacBook Pro 2016の「推薦なし」に待ったをかける

S 20161224 101442

先日Consumer Reportsが行ったMacBook Pro(Late 2016)の評価では、バッテリーテストが足をひっぱる形となり、MacBook Proシリーズとしては初めてConsumer Reportsの推薦が得られなかったことが話題となりました。

テスト結果が公開された直後は、Appleはコメントを差し控えるとしていたようですが、ここにきてAppleのマーケティング担当SVP Phil Schiller氏が、バッテリーテストの結果に関してConsumer Reportsと協議していると語り、あらたな展開を見せています(MacRumors9to5MacTechCrunch日本版)。

Phil Schiller氏は、Consumer Reportsのバッテリーテストの結果は、Apple社の大規模なラボのテストおよびフィールドデータと食い違っていると主張しています。

Consumer Reportsのバッテリーテストは、10のWebサイトをSafariで順番に表示し続けるというものでした。数週間前から行われ、バッテリーが改善したとの報告もあったmacOS Sierra 10.12.2リリース後に、再度実施されたそうですが、バッテリー持続時間にばらつきがみられれるという結果に、顕著な差はみられなかったとされています。ただし同じテストをChromeで実施したところ、バッテリー持続時間が改善されたという興味深い情報も掲載されています。

原因がハードウェアなのか、ソフトウェアなのかユーザーとしてははっきりとした原因を知りたいところかもしれません。

スポンサーリンク