Apple、オーストラリアで発生中のデバイスハイジャック事件に関し、iCloudのセキュリティ侵害を否定

NewImage

最近オーストラリアで多数報告されているMacやiOSデバイスのデバイスハイジャック事件に関し、Appleが声明を発表し、iCloudがセキュリティ侵害を受けた可能性を否定しました(ZDNet)。

ZDNetによるとAppleの声明は次の通り。

Appleはセキュリティに非常に真剣に取り組んでいて、iCloudがこの事件で侵害されたわけではありません。影響のあったユーザーは、出来る限り早くApple IDのパスワードを変更し、複数のサービスで同じユーザー名とパスワードを使うことを避けてください。さらなるサポートが必要ならば、AppleCareに連絡をとるか、ローカルのAppleリテールストアに訪問してください。

つまり、iCloudがハッキングされてApple ID/パスワードが流出したわけではなく、その他の方法で悪用されているとAppleは考えているようです。

現在のところ攻撃に使われたApple IDとパスワードの流出経路は不明なので、対抗策としては、Appleが推奨する通り、他のサービスとのユーザー名/パスワードの共通化をさける、二段階認証を使うなどの自衛手段を取るしかなさそうです。

この事件に関して、Apple Support Communitiesで意見がかわされているので、気になる人はチェックしておくとさらなる情報が入手できるかもしれません。

スポンサーリンク