Apple、不具合ゼロの全く新しいキーボードを開発中か

Macbookpro15inch2018

Appleが2016年以降のMacBook Pro等で採用した新型バタフライキーボードは、薄型化の影響かホコリやゴミの影響によってキーが押せなくなる問題が発生することが報告されています。

2018年モデルではこの問題を解決するためにキートップの下にシリコン膜が追加されましたが、Appleはこれに満足せず、全く新しいキーボードの開発を目指しているのかもしれません。先週、米国特許商標庁によって公開された新しい特許により、Appleがガラスパネルを使用した全く新しいキーボードの開発を目剤為ていることがわかりました(MacRumors)。

Computer with keyboardとして出願された特許は、これまでの可動キーを使用したキーボードをガラスシートのキーボードで置き換えるものです。単なるタッチパネルとは異なりキーの部分が隆起していて、ユーザーに触覚フィードバックを提供することが可能になっています。

Apple patent application glass keyboard

ガラス製キーボードによって、キーシンボルの置き換えやレイアウトの変更がこれまでよりも容易になるほか、トラックパッドをキーボードの周辺に配置することも可能になります。外部に露出した可動部がなくなるため、ゴミによる故障の影響を排除できほか、薄型化によってMacBook本体をさらにスリム化するためにも役立てることができると見込まれています。

iPhoneからホームボタンが削除されたことからも分かる通り、壊れる可能性がある可動部をできるだけ少なくするというのは最近のトレンドですが、これまで聖域だったキーボードもついに置き換えられてしまうのでしょうか。

スポンサーリンク