Apple、開発者に対してMacアプリの"Notarized"を推奨

Macappstoregatekeeper 800x468

Appleが開発者に対し、macOS Mojaveで導入されたアプリの安全性を保証する新しい仕組みである、"Notarized"アプリの使用を推奨する案内を行っています(MacRumors)。

NotarizedはMac App Store外で配布されるアプリに一定の安全性を保証するためのもので、Notarizedアプリを作成するには、アプリを公開前にAppleに提出し、マルウェアやその他の危険が存在しないことをNotarized(認証)してもらう必要があります。ただしMac App Storeのレビュープロセスとは異なり認証処理は自動的なプロセスによって行われます。

macOS MojaveでNotalizedされたアプリやインストーラパッケージ、またはディスクイメージを最初に開くと、わかりやすく変更されたGatekeeperのダイアログが表示され、ユーザーはそのアプリにマルウェアなどが含まれていないことを確認することができます。

MacOS Mojave App notarization 001 1122x540

Notarizedアプリの作成はXcode 10を利用して行うことが可能で、詳細な手順は開発者向けサイトで説明されています。またAppleは将来的に開発者IDで署名されたアプリはNotarizedが必須になるとも通知しています。

スポンサーリンク