Apple、ついにMacBookおよびMacBook Proのキーボード修理プログラムを発動

13inchmacbookprokeyboard 800x475

Appleは本日、特定のMacBookおよびMacBook Proのキーボードで発生する可能性があるキーボードの不具合を無償で修理する「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」を発表しました(MacRumors)。

MacBook 2015以降、MacBook Pro 2016以降を対象とした修理プログラムで、以下の症状が「ごく一部」のキーボードに発生する可能性があるとのこと。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

修理内容は状態によって異なり、1つまたは複数のキーが交換される場合、あるいはキーボード全体の交換が必要になる場合もあるそうです。

修理対象のモデルは下記の通りで、修理対象のモデルかどうかはAppleメニューの「このMacについて」から調べることができます。

  • MacBook (Retina, 12- inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12 -inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12- inch, 2017)
  • MacBook Pro (13 -inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15- inch, 2016)
  • MacBook Pro (15- inch, 2017)

修理はAppleの正規サービスプロバイダやApple Store直営店、配送修理などで可能です。

Appleが最近のMacBook ProやMacBookで採用しているバタフライキーボードは、超薄型で安定性が高いとされていますが、薄型のゆえかホコリによって問題が起こりやすく、批判集団訴訟が発生していました。今回の修理プログラムはこれらユーザーの不満に対応するものかもしれません。

スポンサーリンク