Apple、2020年後半の製品からランダム化されたシリアルナンバーを採用へ - 不正利用をふせぐため

Macos catalina serial number 800x484

Apple認定サービスプロバイダに配布された内部文書から、Appleが、2020年の後半以降に発売される製品で、ランダム化されたシリアル番号を採用する計画であることが分かりました(MacRumors)。

現在のシリアル番号は英数字の文字列ですが、特定の規則性があり、製品が製造された日付や場所を特定することが可能となっています。ランダム化することで、これらの情報の解読が不可能になるか困難になると予想され、シリアルナンバーの不正利用を減らすことができると予想されています。

なお文書はMacRumorsが信頼できる情報筋から入手したものということですが、全世界でランダム化シリアルナンバーが採用されるかどうかは不明とのことです。

スポンサーリンク