【悲報】Apple、「Security Update 2017-001」の不具合を再アップデートで修正す

S 20171201 104622

Appleは昨日、「Security Update 2017-001」を公開し、macOS High Sierraに存在したroot権限をパスワードなしで取得できてしまう不具合を修正しました。

これで一段落かと思いきや、急遽リリースされたセキュリティアップデートに、ファイル共有に関する別の不具合が含まれていて、今度はこれを修正する改訂版の「Security Update 2017-001」が公開されています(OS X Daily)。

改訂版のセキュリティアップデートもMac App Storeからインストール可能です。

ストアに表示されるアップデートのタイトルや内容は昨日と同じように見えますが、インストール後macOSのビルド番号が"17B1002"から"17B1003”に更新されます。

About

macOSのビルド番号は、アップルメニューの「このMacについて」の「バージョン」をクリックすると確認可能です。17B1002だった場合、改訂版のセキュリティアップデートをチェックした方が良いでしょう。

MacRumorsのコメント欄では、連続して発生した不具合に関し、Mac軽視の姿勢の表れだとしてAppleを批判するコメントも寄せられています。

スポンサーリンク