Appleシリコン搭載型「MacBook Air」のバッテリー写真か

Apple macbook battery safety korea

新型のMacBook Airが間もなく発売されるのではないかとの噂が流れるなか、先日は同機種に搭載されるものと思われるバッテリーの情報が、中国とデンマークの認証機関に登録されていたことが明らかとなりました。今回これと同じ情報が、韓国の認証機関であるSafety Korea Certificationに登録され、外観の写真も公開されていると指摘されています(MacRumors)。

画像のバッテリーのモデル番号は「A2389」で、MacBook Airの現行モデル「A1965」からは変更されていますが、容量の49.9Wh(4380mAh)は同じです。

認証機関登録後、実際にいつ新モデルが発売になるのかまでは不明ですが、Apple製品のアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、13インチのMacBook AirはAppleシリコンを搭載した最初のMacの1つになると考えています。同氏は2020年の第4四半期から2021年の第1四半期にMacBook Airが更新されると主張しており、これはDigiTimesの予想である2020年内の発売ともおおよそ一致しています。

なお、Appleは、独自のAppleシリコンに以降する計画を発表した際、年末までに新しいArmベースのMacが期待できると説明しましたが、どのMacモデルが最初のAppleシリコン搭載機になるのかは明らかにしていません。

スポンサーリンク