Apple、MacのCPUを「Apple Silicon」に移行

Arm

Appleは本日、WWDC20の基調講演において、Macのプロセッサを自社製の「Apple Silicon」に移行することを発表しました(AppleInsiderImpress Watch)。

最初の製品は2020年末までに発表され、約2年間の移行期間で切り替えが進められていく予定です。移行期間中もIntel Macのサポートは継続し、新しいバージョンのmacOSにも対応する予定です。

Apple Siliconは低消費電力かつ高性能が特長のプロセッサで、新プロセッサを採用したMacには、Intel Mac向けのアプリを動作させる為の「Rosetta 2」が搭載されます。Apple製品に共通のアーキテクチャが採用されることにより、iPhoneやiPad用のアプリをMac App Storeからダウンロードして使用することも可能となります。

AdobeやMicrosoftといった大手ソフトウェアメーカーもすでにApple Silicon対応に向けた作業中で、Officeのデモも披露されました。開発者に対しては500ドルのUniversal App Quick Start Programが始まり、これにはApple Siliconに移行するためのツールとリソースに加え、A12ZベースのMac miniのレンタル使用権が含まれています。

S 20200623 94224

スポンサーリンク