Apple、「Swift 2」を発表、iOS、OS X、Linuxに対応しオープンソースに

NewImage

AppleがWWDC 2015にて、Swiftのメジャーバージョンアップ版「Swift 2」の発表を行いました。Swift 2では、さまざまな言語機能の改善が行われるほか、パフォーマンスが改良され、Swift 1.2から2.0へのマイグレーションツールも準備されています。

また、今年後半をめどにオープンソース化されることが明らかになり、開発者から大きな歓声があがりました。iOSとOS Xのほか、Linuxにも対応します。

スポンサーリンク