Apple内部でもSwiftの採用が進む。OS X El CapitanのDock、ウィンドウマネージャはSwift製

S 2015 12 16 11 15 32

オープンソース化され話題を集めているAppleのプログラミング言語「Swift」。Appleが自社のコアソフトウェアでもSwiftの採用を強く推進していることが、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長Craig Federighi氏のインタビューにより分かりました(AppleInsider)。

インタビューは著名ブロガーJohn Gruber氏のPodcast用として行われたもの。Federighi氏はSwiftに関し「iCloudチームはSwiftを採用したくてうずうずしている」と語り、また「OS X El CapitanのDockやウィンドウマネージメントの新機能は全てSwiftで書かれていて、大量のコードがコンバートされた」と重要な事実を明かしています。

the team that does the Dock and the window management on OS X, implemented all their new features for El Capitan in Swift and started mass-converting all of their code

さらに「開発チームは以前の状態に戻ることは考えられず、Swiftによって生産性が向上したと考えている」とも発言し、Swiftの開発効率の高さを主張しています。

問題点の一つとして、開発チームがプレリリース状態のSwiftで作業しなければならなかった事をあげていますが、Swift 2.0のリリースにより状況は改善され安定しつつある模様。

Federighi氏の立場を考慮する必要はありますが、Appleが自社のコアソフトウェアにSwiftを採用するほど入れ込んでいるのならば、外部開発者も安心してObjective-CからSwitに切り替えていけるのではないでしょうか。

スポンサーリンク