【噂速報】AppleがARMベースのMac(トラックパッド組み込みキーボード付き)を開発中か?

NewImage

フランスのサイトMacBidouille(英語翻訳)が、信頼できる情報筋からの話として、AppleがARMプロセッサベースのMacを開発していることを報じ、話題を集めています(MacRumorsCult of Mac9to5Mac)。


記事によると、Appleは、以下にリストアップした数種類のMacプロトタイプをすでに作成済みとのこと(Mac miniだけプロセッサの個数が4個しかないところがリアル…)。

  • iMac: 4コアARM 64プロセッサを4ないし8個搭載
  • Mac mini: 4コアARM 64プロセッサを4個搭載
  • 13インチラップトップ: 4コアARM 64プロセッサを4ないし8個搭載

これらのマシンは、大型化したマジックトラックパッド搭載のキーボードが付属しているとも述べています。

ARM化の噂は何回も…

iPhoneやiPadで採用されているARMプロセッサは、最近、大幅に処理能力を伸ばしていて、Geekbenchのスコアでも数年前のMacに匹敵するほどのスコアをあげています(iPhone/iPad BenchmarksMac Benchmarks)。MacがARMに移行するのでは、という噂は過去にも流れたこともありますし、ARMベースのMacプロトタイプをAppleが開発していたとしても不思議はないのかもしれません。

とはいえ、CPUが変わるとバイナリの互換性の問題をはじめ、さまざまな問題が発生する可能性があるので、簡単には移行できないような気がします。ひょっとしたら試験的にARM採用Macが発売されたりすることがあるのでしょうか。今後も要注目の情報かもしれません。

スポンサーリンク