【Kuo】ARMプロセッサを搭載したMacが2021年前半に登場

16 inch macbook pro orange background

Apple関連製品のアナリストMing-Chi Kuo氏が新たな調査レポートを公開し、Appleが2021年の前半にARMプロセッサを搭載した最初のMacを発売すると予想していることが分かりました(MacRumors)。

新製品の詳細に関する情報は提供されていませんが、今回の予想は、AppleがIntelからの移行を可能にする、ARMベースの自社製プロセッサの開発に取り組んでいるという、過去に流れた情報と一致するものとなっています。Appleの製品リリースは、Intelチップの遅延に悩まされており、独自チップを採用することで、MacのリリースがIntelのリリーススケジュールに縛られることがなくなるという利点が考えられます。

Kuo氏はまた、5nmチップが今後12ヶ月から18ヶ月で、Apple製品のコアテクノロジーになると予想しています。

e expect that Apple's new products in 12-18 months will adopt processors made by 5nm process, including the new 2H20 5G iPhone, new 2H20 iPad equipped with mini LED, and new 1H21 Mac equipped with the own-design processor. We think that iPhone 5G support, iPad 's adoption of innovative mid-size panel technology, and Mac's first adoption of the own-design processor are all Apple's critical product and technology strategies. Given that the processor is the core component of new products, we believe that Apple had increased 5nm-related investments after the epidemic outbreak. Further, Apple occupying more resources of related suppliers will hinder competitors' developments.

ARMプロセッサを搭載したMacや、2020年に発売される「5G iPhone」、2020年後半に噂されるミニLEDディスプレイを採用する「iPad」などの各種新製品で、より高速かつ効率的な5nmチップの採用が進められるとの予想です。

スポンサーリンク