cDock - Yosemite / MavericksのDockを自由自在にカスタマイズ!

NewImage

cDock」は、Macの標準アプリケーションランチャー「Dock」カをスタマイズすることができるソフトウェア。現在の最新バージョンは、MavericksとYosemiteに対応しています。

cDockを使うと、アイコンサイズ、アイコン間隔、アイコン拡大機能などのDockの設定を簡単に変更できるほか、多種多様なDockのテーマを使うことも可能になります。

以下実際にOS X Yosemite環境で使用してみました。

cDockの使用法

cDockの機能は至ってシンプルです。起動して設定を変更し「Apply」ボタンを押すだけでOK。以下一番分かりやすいDockのテーマを変更してみました。

2015 03 10 0 20 43

↑まず標準状態は「None」。

2015 03 10 0 21 04

↑「Red」を選ぶと赤色になります。

2015 03 10 0 21 22

↑「Transparent」だと透明になります。テーマは他にもたくさんあります。

2015 03 10 0 43 18

その他設定可能な項目は以下の通りです。

  • Dock theme: Dockのテーマ
  • Magnification: アイコン拡大設定
  • Icon Size: アイコンサイズ
  • Application spacers: アプリアイコンの間隔
  • Document spacers: ドキュメントアイコンの間隔
  • Show only active apps: アクティブなアプリだけを表示
  • Dim hidden items: 隠しアイテムを暗くする
  • Lock dock contents: Dockのコンテンツをロック
  • Mouse over highlight: マウスオーバーでハイライト
  • Recent folder: 最近使ったフォルダを表示
  • Hide tooltips: ツールチップを隠す
  • Colord Finder sidebar: Finderのサイドバーをカラー化

まとめ

cDockを使えばDockの設定をかなり自由に変更できることがわかりました。Dockの見た目にこだわりを持っている方は、試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク