CloudyTabs - iCloudタブを一覧表示できる超便利ユーティリティ

NewImage

iOSデバイスやMacは「iCloudタブ」と呼ばれる機能を使って、Safariのタブをデバイス間で共有することができます。

とても便利な機能ですが、iCloudタブの一覧は、Safariブラウザからのみアクセスできる仕組みになっているので、Safari以外のブラウザを使っているユーザーにとっては、あまり旨味のない機能でした。

今回紹介する「CloudyTabs」はこの弱点を解消するメニューバーアプリです。iCloudタブを使っている全てのデバイスのタブ一覧をメニューバーに表示できるので、たとえChromeユーザーであってもiCloudタブの恩恵を受けることができます。

インストール方法

Releasesより最新版のzipファイルをダウンロードします。解凍してでてきた「CloudyTabs.app」をアプリケーションフォルダーにコピーすれば完了です。

もしくはHomebrew-caskを使い「brew cask install cloudytabs」でインストールすることもできます。

使用方法

S 2015 04 28 0 50 38

起動すればその時点で、iPhoneやiPad、その他のMacのSafariで開いているタブが一覧表示されます。

マウスでクリックすれば、そのURLがデフォルトブラウザで表示され、Option+クリックするとURLがコピーされます。URLの文字をタイプすることで検索することもできます。

iPhoneで閲覧していたURLをMacで確認したいときに便利

このアプリで一番便利なパターンは、iPhoneのSafariで閲覧していたURLを、MacのChromeで再度確認したいといった用途かもしれません。iPhoneやiPadでは性能面のアドバンテージからSafariを使っている人が多く、大してMacでは機能の豊富さからChromeを選んでいる人が多そうだからです(実は私も)。

iPhone / iPad / Macを所有している人ならばインストールして損がないアプリだと思います。なおソースコードもMITライセンスで公開されています。

スポンサーリンク