iOSライブラリの管理ツール「CocoaPods App」ベータ版が登場。Podfileの管理がGUIから可能に

NewImage

iOSアプリ開発者にはおなじみのライブラリ管理ツール「CocoaPods」。従来RubyGemsやHomebrewを使って"pod"コマンドをインストールする必要がありましたが、これをGUIで置き換えるアプリ「CocoaPods.app」が開発されつつあります(公式ブログ)。

CocoaPods.appの現在のバージョンは1.0.0.beta.2。まだベータ版ですがアプリをダウンロードして実行してみることは可能です。

CocoaPods.app開発の主な目的として、アプリを単体でインストールするだけでCocoaPods環境を準備することができるインストール(および更新)の簡単化があげられています。

簡単な使用方法

S 2016 01 14 1 08 44

「CocoaPods > Install the Command-Line Tool...」を選択することでpodコマンドをインストールすることができます。ここでインストールしたpodコマンドはこれまで通りターミナルから使用することも可能です。

S 2016 01 14 1 21 12

podコマンドがすでにインストール済みの場合、上書きするか、キャンセルするかのダイアログが表示されます。

S 2016 01 14 1 23 40

「File > Open」でPodfileを開いてファイルを編集することができます。右上の「Install / Update」ボタンを押すと、「pod install / pod update」が実行される仕組みです。

今後に期待

すでに多くのiOSアプリ開発者に愛用されているCocoaPodsですが、GUIで使用できるアプリが加わって、より親しみやすさが増したといえそうです。正式リリースに向けて今から準備しておきたい方はどうぞ。

スポンサーリンク