Panic、多機能Webオーサリングアプリ「Coda 2.5」をリリース。Coda 2ユーザーは無償アップグレード可能!

Coda 1

Panicより、Mac用のWebオーサリングアプリ「Coda」の最新版「Coda 2.5」がリリースされています。

「Coda」はWeb開発者に人気の多機能アプリ。シンタックスハイライト機能を備えたエディタ、FTP/SFTP/WebDAV/Amazon S3対応のネットワークファイル管理機能、Git/Subversionによるバージョン管理機能、結果を即座に確認できるプレビュー機能など多彩な機能が売りとなっています。

最新版であるCoda 2.5では、高速化、エディタの改良、ローカル項目のインデックス化、プラグイン環境設定機能、CSSオーバーライド、公開機能の改良、Panic Syncの導入など様々な新機能が盛り込まれている様子。

前バージョンの「Coda 2」はMac App Storeからリリースされていましたが、このバージョンからは「Mac App Storeのサンドボックスの限界」を理由に直接販売に移行。価格は9800円となっています。

幸いなことにMac App Storeで「Coda 2」を購入していたユーザーは無償でアップグレードが可能。さっそく試してみました。

無償アップグレード方法

Mac App Store版のCoda 2ユーザーは以下の方法でCoda 2.5のシリアルをゲットすることができます。

App Store

↑Mac App Store版の「Coda 2」がインストールされていることを確認。

Download

↑「Coda 2.5.zip」をダウンロードしてそのフォルダ内で展開します(例: ダウンロードフォルダ)。解凍して出てきた「Coda 2」を実行します。

Coda 2

↑Mac App Store版の「Coda 2」が見つかればこのダイアログが表示されます。「登録する」を実行すると、メールアドレス宛にシリアル番号が送られてきます(割とすぐにきました)。

あとはこのダウンロードした「Coda 2」(実際はCoda 2.5)をアプリケーションフォルダにコピーしてシリアル番号を登録すれば完了です。公式FAQでも以下のように説明されているので参考までにどうぞ。

Coda 2.5は直販版のみ提供されます。しかしご安心ください!Mac App Store版ユーザ様は直販版に移行することが可能です。Mac App Store版Coda 2がインストールされた状態で、直販版Coda 2.5をMac App Store版とは別の場所で起動してください。現れたダイアログに従うことで直販版のシリアル番号をメールでお送り致します。

スポンサーリンク