Consumer Reports、最終的にMacBook Pro Late 2016を推薦することで決着

S 20161224 101442

Consumer Reportsが、MacBook Pro Late 2016に下した評価を覆し「推薦」に変更したことが明らかとなりました(MacRumors)。

Consumer Reportsが、MacBook Pro Late 2016に関した初回の評価の結果は、バッテリー持続時間のばらつきが大きいことから「推薦に値しない」というもの。今回、Safariに関する不具合が修正されたmacOS Sierra Version 10.12.3 Beta 3を利用して再テストを実行し、バッテリー持続時間も期待通りの結果が得られたとしています。

具体的には、テストに使用したマシンは、13インチのTouch Bar有り/無しの両モデルと、15インチのTouch Bar有りモデルの3タイプで、平均バッテリー持続時間は前から順に、15.75時間、18.75時間、17.25時間となったようです。この結果は、Consumer Reportsの基準で「推薦」に値すると説明されています。

現在Safariの不具合が修正されたmacOS Sierraはベータテスト中で、一般ユーザーに対しては公開されていません。Consumer Reports以外でも、新型MacBook Proのバッテリー持続時間に関する不満の声があがっていた中、新バージョンによって、バッテリー問題を完全に解消できたのかどうか注目が集まりそうです。

スポンサーリンク