Macのフォルダ毎の容量を表示する「DaisyDisk」

MacBookPro15インチにSSDを導入すべく作業していたのですが、HDDからSSDに換装する際、一番困るのは全体の記憶容量が少なくなってしまうことです。HDDの容量が500GBなのに対して、予算内で購入できそうなSSDの容量が256GBなので、できるだけ不要なファイルを削除したいところ。そこでHDDの使用状況を表示してくれる「DaisyDisk」というユーティリティを使っていらないファイルを探してみることにしました。

「DaisyDisk」ではフォルダごとの容量を円グラフにして一覧表示してくれるのが特徴的。Mac AppStoreで850円で販売されていますが、公式サイトより試用版をダウンロードして使ってみることが出来ます。

使用方法は簡単です。ドライブを選択して「Scan」ボタンをクリックするだけ。

HDD全体をスキャンするのでしばらく時間がかかります。

しばらく待つとスキャンが完了して円グラフが表示されます。

容量をくってそうなところをクリックするとどんどん掘り下げていくことができるので、いらないファイルを簡単に(?)見つけることができます。

■まとめ
たかだかフォルダ容量を表示するソフトに850円も使うのはちょっとなーという気もしますが、なめらかな画面遷移や画面の美しさは一見の価値ありです。円グラフもわかりやすい気がします。無料ソフトで「GrandPerspective」や、「Disk Inventory X」といった同種のソフトがありますが、これらは二つとも容量をタイル状に表示するタイプでちょっとわかりにくい気がします。そこら辺に価値を見いだした人には「DaisyDisk」がお勧めです。

DaisyDisk App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥850

スポンサーリンク