Yosemiteのダークモードをコマンドラインから切り替えるミニユーティリティ「dark-mode」

NewImage

YosemiteではメニューバーやDockの色を暗めの色で表示する「ダークモード」が利用可能になりました。「ダークモード」は通常システム環境設定から設定することができますが、本日紹介するフリーソフト「dark-mode」は切り替えをコマンドラインから行うことができるミニユーティリティです。

利用方法は簡単でサイトからバイナリをダウンロードし、dark-modeというファイルを/usr/local/binなどパスが通っている場所にコピーするだけです。

NewImage

ターミナルから「dark-mode」と打ち込むと表示が切り替わります。他にも以下のような使い方があります。

# トグル
dark-mode

# モード指定
dark-mode --mode Dark
dark-mode --mode Light

# 現在のモード表示
dark-mode --mode
> Light

コマンドライン派の方はどうぞ。

スポンサーリンク