iPadでiOS/Macアプリの開発ができる魔法のアプリ「Dringend」

Dringed

Dringend」はiPadを使ってiOSやMacのアプリを開発することができる魔法のようなアプリです。
Dringend - The development environment for your iPad App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,000

iOSアプリはAppleの規制もあって、自由に開発環境をリリースできる環境ではないのですが、DringendではObjective-Cのコードを編集することができるだけではなく、実際にビルドして実行することもできるようです。

NewImage

ビルドエラーが表示されていることが分かります。いったいどうやって実現しているのでしょうか。

ビルドサーバーを使う

どうやらConstructor.appと呼ばれる専用アプリをMacにインストールし、これをリモートのビルドサーバーとして使うことで、iPadを使ったアプリのビルドを可能にしているようです。

NewImage

MacとiPad間のファイルのやりとりは、Dropboxを使用する…と。

NewImage

コードのエディタ部もシンタックスハイライトなど基本的なことはおさえてそうです。

iPad派は要チェックか?

ほんとうに使い物になるのか調べてみたのですが、あまり情報はみつかりませんでした。ただ同じくiPad上の開発環境であるCodeaのフォーラムで話題にあがっていたので、iPadを開発環境として使ってみたい人は要チェックかもしれません(値段がちょっと高いけど…)。

アプリの紹介。プロジェクトも作れるようです。

ビルドサーバーのセットアップ方法。

スポンサーリンク