ラグゼロを実現!?iPadをMacのセカンドディスプレイに変換する新アプリ「Duet」が凄そう

2014 12 15 22 50 19

2014/12/19 ついにリリースされました(ラグゼロのiPadセカンドディスプレイ化アプリ「Duet Display」がついにリリース!使ってみてわかったこと)

iPadやiPhoneなどの通称「iDevice」をMacのセカンドディスプレイとして利用するための新アプリ「Duet」が間もなく公開されるそうで、話題となっています(Hacker NewsBusiness Insider)。

Air Display App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥2,000
iPadをMac/PCのセカンドディスプレイとして利用するためのアプリ。

iPadをセカンドディスプレイとして活用するというアイデアは新しいものではなく、すでに「AirDisplay」という有名な先駆者がありますが、AirDisplayはWi-Fiを使ってMacとiPadを接続するため、動作ラグが大きく、実用性にやや欠けるという問題がありました。

対してDuetは、詳細な仕組みは不明ながら、Dock/Lightningケーブルを使ってiPadとMacを接続することで高速化をはかり、タイムラグなしで毎秒60フレーム/Retinaデイスプレイの配信を可能にしているということ。しかも元アップルのエンジニアによって開発されたらしく期待が持てます。

互換性は、OS X 10.9以上搭載の全てのMac、iOS 5.1.1以上の全iPad / 全iPhoneと幅広く確保されています。現在公式サイトからMac用アプリがダウンロードできますが、iOSアプリがまだダウンロードできず動かせません。

2014 12 15 23 02 52

本当に次の動画ほどの速度でウィンドウが移動できればかなり実用的なアプリとなりそうですが、はたして…。Business Insiderによると「Duet Display launches tomorrow」みたいです。

スポンサーリンク