iPadをMacのセカンドディスプレイとして使用できる「Duet Display」 バージョンアップし実用性向上

NewImage

iPadをMacのセカンドディスプレイで使用することができる話題のアプリ「Duet Display」がバージョンアップ。最新版1.0.0がリリースされています。

Duet Display App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,500
iPad/iPhoneをMacのセカンドディスプレイとして利用することができる新世代アプリ。

最新版1.0.0では、パフォーマンスの改良、iOS 7のバグ修正、iPhone/iPadのより多くの解像度の追加、Airplayの利用、ミラーリングディスプレイのサポート、その他不具合の修正など様々な改良が行われている様子。

2015 01 06 21 18 49

Mac側に入れるソフトもアップデートしたところ(duet 1.1.3が現段階の最新)、「High Resolution(Smaller Text)」というメニューが増えていました。これを選ぶとiPad側がドットバイドット表示になり、より広い領域が表示可能になります。

ただし期待の(?)、初代iPad対応はまだのようで、相変わらずアプリが起動できませんでした。

スポンサーリンク