巨大タッチバー搭載の新型MacBook Proコンセプト

Macbook pro concept

AppleはMacBook 2016で、従来のファンクションキーに変わり、マルチタッチに対応したTouch Barを導入しました。さまざまな批判がありながらその後もTouch Barの採用は継続していて、今後もこの傾向は変わることはないのかもしれません。

今回インダストリアルデザインを学ぶ学生Furkan Kasap氏は、このアイデアを極限にまで進化させ、キーボードを完全にタッチパネルで置き換えたMacBook Proのコンセプト「MacBook Pro 2018 Concept」を公開しています(9to5Mac)。

Keyboard2

コンセプトではキーボードエリア全体がタッチパネルによって仮想化され、Touch Barが従来よりも巨大化しているほか、トラックパッドも右側に必要な時にだけ表示されるよう変更されています。

現在iPhoneなどで利用できる「触覚フィードバック」はキーボードを押した後の感覚をシミュレートすることはできますが、キーボードに指を置いた際の感触を与えることはできましん。物理キーボードを完全に置き換えるには、その部分の解決が必要となりますが、Appleがフラットな新型キーボードの研究を進めていることは判明しており、この問題の解決に期待が集まりそうです。

スポンサーリンク