iFixitがMacBook Pro 2018のキーボードのホコリ対策を検証 - 改良はされているが完璧ではない事がわかる

Ifixitkeyboarddust

Appleが先日より販売を開始したMacBook Pro 2018では第3世代のキーボードが採用されており、ホコリ対策としてキートップの下にシリコンの膜が追加されたことがAppleの内部文書から明らかとなっています。

今回iFixitは、このキーボードの徹底したテストを行い、シリコン膜の構造を明らかにすると共に、シリコン膜のホコリ対策の効果のほどを検証しています(MacRumors)。

まずiFixitはホコリ対策の効果を検証するためキーボードを色をつけたパウダーにさらし、どこにどのようなホコリが蓄積するかを調査しています。その結果MacBook Pro 2018では膜の端にホコリがたまりキーボードのバタフライ構造が保護された状態だったのに対し、MacBook Pro 2017ではバタフライ構造の内部まですぐに粉末で満たされたことが判明しています。

ただしMacBook Pro 2018の保護も完璧ではなく、ホコリの量や使用状況によっては、最終的に故障が発生する可能性もあるとしています。

またiFixitはキーボードの分解を行い、シリコンの膜が一枚のシートによって成形されていることを発見しています。

Ifixitkeyboardteardown

さらにキーキャップの厚みがMacBook Pro 2017の1.5mmから1.25mmに変更されていることや(シリコン膜をキートップの格納するため薄くする必要がある?)、スペースバーの改良など、細かな変更が行われているようです。

スポンサーリンク