Apple、スティーブ・ジョブズが発表したiMacの20周年を祝う

Hello again imac

1998年5月6日、NeXT社買収によってAppleに復帰したスティーブ・ジョブズ氏は、極秘裏に開発を進めてきた「iMac」を発表しました。今年2018年はその発表からちょうど20年にあたり、現CEOのティム・クック氏が、これを祝うコメントを公開しています(MacRumors)。

「20年前の本日、Steveは世界にiMacに紹介しました。Appleが新しい進路に立ち、人々が永遠にコンピュータを見る方法を変えた。」

プレゼンでスティーブ・ジョブズ氏はiMacを以下のように説明しています:

This is iMac. The whole thing is translucent. You can see into it. It's so cool. We've got stereo speakers on the front. We've got infrared right up here. We've got the CD-ROM drive right in the middle. We've got dual stereo headphone jacks. We've got the coolest mouse on the planet right here. All of the connectors are inside one beautiful little door here—the Ethernet, the USB stuff. Around the back, we've got a really great handle here. The back of this thing looks better than the front of the other guys, by the way.

これがiMacです。全部が半透明です。中を見ることができます。すっげー。前面にステレオスピーカーがあります。赤外線がここにあります。CD-ROMドライブは真ん中にあります。デュアルステレオヘッドホンジャックもあります。ここには地球上で一番クールなマウスがありあります。イーサネット、USBといった全てのコネクタは美しい小さなドアの内側にあります。背面には本当に素晴らしいハンドルがあります。 これは他の前のものよりよく見えます。

このとき発表されたオリジナルiMacのスペックは以下の通りです。

  • PowerPC G3プロセッサ233MHz
  • 15インチディスプレイ(1,024×768解像度)
  • USBポートx2、イーサーネットポート(ソフトウェアモデム対応)
  • 4GBハードディスク
  • 32MB RAM(最大128MB)
  • 23xCD-ROM
  • ステレオスピーカー
  • AppleデザインのUSBキーボードとマウス
  • MacOS 8.1

iMacはその後2002年モデルでフラットパネルディスプレイを採用し、2007年モデルではプラスチックからアルミ筐体へと変更されます。2009年以降のモデルは完全なユニボディモデルを採用し、2012、2014モデルでスリム化が行われています。

Imac timeline

最初の10年に比較すると、直近の10年は外観の変更が少ないような気もします。現行のiMacのベゼルの太さや顎部分の厚みを批判する意見もあり、そろそろ大幅な変更が期待されているのかもしれません。

スポンサーリンク