Mac用デジタルスクラップブックアプリの決定版「Inboard」正式版がついにリリース!期間限定セール中!!

2015 03 11 9 47 34

長い間ベータテストを続けていた、Mac用のデジタルスクラップブックアプリ「Inboard」が、ついにMac App Storeでリリースされました。現在、リリース記念として通常価格の50%オフの1000円でセールされています。

Inboard - Image, Screenshot and Photo Organizer App
カテゴリ: グラフィック&デザイン
価格: ¥2,000 → ¥1,000 (記事公開時)
スクリーンショットや写真を簡単に管理することができる、Mac用デジタルスクラップアプリの決定版。

Inboardは、画像ファイルをタグやフォルダ階層を使って整理、再利用するためのアプリ。ドラッグ&ドロップで画像ファイルを追加できるほか、URLをドロップすればWebサイトの完全コピーを保存することもできます。

画像形式は、PNG、JPG、GIF、PSD、AI、PDFに対応。Cloud同期には今のところ対応していませんが、「Cloud syncing coming soon!」ということなので、将来的には期待して良いかもしれません。

ベータ版を使っていたユーザーは、ツールを使って正式版にそのままライブラリを移行することもできます。以下その方法をご紹介。

ベータ版からMac App Store版への移行方法

混乱しないように、Mac App Store版Inboardをインストールする前に、ベータ版Inboardを「/Applications」フォルダから削除しておきましょう。

その後、Mac App StoreのInboardを起動します。

2015 03 11 9 36 27

↑画面下の「Import My Library From Beta」リンクをクリックします(この後Inboardを終了しておいたほうが良いかもしれません)。

2015 03 11 9 36 43

↑「DOWNLOAD MIGRATION ASSISTANT」ボタンをクリックします。

2015 03 11 9 37 27

↑「InboardMigrator.app」を実行すると、ターミナルが開いて、既存ライブラリのバックアップ(デスクトップに保存されます)と、移行を自動で実行してくれます。

Inboard と ターミナル zsh 80×24

↑もう一度Inboardを開くと…ベータ版のライブラリが読み込まれました!なおMac App Store版のInboardのバージョンは「Version 1.0 (248)」となっています。

まとめ

Mac用のデジタルスクラップブックアプリといえばEmberが有名ですが、Inboardも負けず劣らず良いアプリだと思います。現時点でクラウド同期が使えないという弱点があるとはいえ、その分安定しています。

アプリやWebサイトのスクリーンショットやを保存するのに最適なアプリですので、気になったかたは試してみてはいかがでしょうか。

期間限定セールは日曜日までです。お早めにどうぞ。

スポンサーリンク